photonews-170824-KI011-002


多くのアニメ制作の現場ではデジタル作画ツールの導入が進んでいるが、まだまだ過渡期であり、 
企業によってもデジタル化の度合いは異なっている。そんな中、フルデジタル制作環境を実現しているのがスタジオ雲雀である。 

そんな同社のクリエイター陣が、2月10日に開催されたアニメ業界関係者同士の情報交換、 
および人材交流を目的とする「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)」に登壇し、 
フルデジタル制作環境への取り組みと成果について語った。 

スタジオ雲雀は1979年創業のアニメ制作プロダクション。TV向けアニメを主軸に、ゲーム、CM、プロモーションなど幅広く手がけている。 

近年ではアニメブランド「ラルケ」を立ち上げ、漫画やライトノベル、ゲームなどを原作としたTVアニメを制作。 
フル3D映像や海外市場向けアニメ、遊戯機器の映像などを手がける「ラークスエンタテインメント」も子会社に持っており、 
いわゆる「セルルック3D」を得意としている。ベトナムのホーチミンシティにもスタジオがあり、 
5年前からデジタル動画を導入しているのも特徴的だ。 

そんなスタジオ雲雀がフルデジタルで制作した代表的な作品が「潔癖男子!青山くん」。なぜフルデジタルで取り組んだのか。 
その背景には、これまでの制作フローに対する課題感があったと宮﨑氏は言う。 

「きっかけは、他作品でデジタル作画を経験してきたこと。 
とても効率が良く、これまでの制作進行の仕事には無駄が多いと感じていた。 
チェックのしやすさ、リテイクのスピード、車両管理や交通事故に関するリスクヘッジ。 
クリエイティブなのか疑問を感じる仕事もアニメ制作には多々ある」 

制作環境をフルデジタル化したことで、これらの問題が大きく改善されたと宮﨑氏は話す。 

「まず車の運転がなくなった。4~5班体制で回していたが、夜は帰れるようになった。 
拡大コピーやスキャンの作業もなくなり、リテイク回しが楽になった」 

修正作業も大幅に楽になったという。 
簡単な部分は作画監督自身が最終素材に直接修正を加えることもでき、 
リテイクのたびに巻き戻っていた作業がひとつの工程で済むようになり、「救える」カットも増えたという。 
また、デジタル化により、作業の経過をスマートフォンでチェックすることも可能になった。 

「タブレットやスマホがあればどこでもチェックできる。無駄な待機時間がなくなった」 

大幅な効率アップは、クリエイターの制作環境の改善にもつながっているといい、 
「ギャラの安さも改善していきたい。真っ当な暮らしをするためにもデジタルの導入は武器になる」と言及された。 

もっとも、過渡期ゆえの課題はまだ多い。 

「作画スタッフがまだ少なく、1クールでも大変だった。デジタル機材の貸出を行い、単価を上げた。 
コストダウンした部分は作画スタッフに還元した。それでも1クールやるのも大変なほどだった」 

■制作進行の"自動化"、動画と仕上げの融合 

デジタル作画以外では、リテイク表をスプレッドシートで作成し、Google Driveを活用したデータ管理を行っている。 
また、CG制作の現場のようにプリビズ(どういう映像にするのかあらかじめざっくりと作るムービー)を作成したことで、 
全体のタイミングやおおよその枚数管理など、監督や管理者側のチェックがしやすくなったという。 
海外とのやりとりでも欲しい絵が手に入りやすくなり、生産性が向上した。 
今後は紙の原画で制作を進める作品でも、プリビズを作っていく予定だという。 

全文


4: ねいろ速報さん
アップロードしやすい。
コピーしやすい。
編集しやすい。

5: ねいろ速報さん
じきにAIが動画やるようになるよ

6: ねいろ速報さん
3Dでベース素材を作っておけば幾らでも使いまわしが効くし、動きやカメラワークも自由自在

いまだに手書きでやってるほうがおかしい

23: ねいろ速報さん
>>6
デジタル作画と3Dは非なる物なんだけど・・・
何で5ちゃんねらーのアニヲタ気取りってアニメにマジで無知なんだろう

9: ねいろ速報さん
色の塗り直しとか簡単じゃん!
色彩設定が悪くて本放送時は
まっくろけで観づらい>背景を調整
とかさ。

18: ねいろ速報さん
>>9 DVD版では劇場公開時と違って画面が真っ赤、てのを思い出した。

3D制作にしたら無難で辻褄の合った動きは簡単にできるけど、
代わりにアニメらしい迫力と言うかデフォルメが弱くなって
つまらない画が増えた、て話は解消したのかな。

10: ねいろ速報さん
画材代がかからんやん
機材代はかかるが

11: ねいろ速報さん
一番下がるのは制作の人件費

13: ねいろ速報さん
紙ゴミや消しカスが出ない

14: ねいろ速報さん
使いまわしは場数を踏めば踏むほど
他の作品から動きを使いまわせるから
一番楽だよな

17: ねいろ速報さん
>>14
テンプレ化は便利だな

16: ねいろ速報さん
製作会社が全部自前で揃えるのは大変だろうな

21: ねいろ速報さん
「ギャラの安さも改善していきたい。」
つまり肝心なことは後回しになって未だに改善されてないって事だな。

30: ねいろ速報さん
デジタル作画って単にペーパーレス化してるだけで
やってる事は紙に書いてるのとあまり差はないぞw

31: ねいろ速報さん
デジタル化の手法はアウトプットの違いで三つある

1.3Dアニメ化
2.トゥーンシェードによる擬似2D化
3.手描きをデジタルペンで行うペーパーレス化

1と2は工程として似たようなもの
3の場合でもアナログ手描きなら大量に消費される作画用紙、制作による回収作業やスキャニングという工数、それにかかる人的コストは大きく削減される

35: ねいろ速報さん
かつてはデジタルペイント導入でもセル画とフィルムで作ってた時代に慣れ親しんでいた老害が
「セルの温かみガー」なんて精神論じみたことを振りかざして否定していたのが嘘みたいだな。
遅かれ早かれ絵コンテや作画も含めたオールデジタル化の流れになってた。

37: ねいろ速報さん
>>35
まあ、初期のデジタルアニメは彩色にしろコンポジットにしろ
低レベルの極みだったとは思うけどな

39: ねいろ速報さん
>>37
それは色彩設計がノウハウ不足だっただけ。
セルでも8mm並にチリの多い16mmフィルムで撮ったり、色彩が色褪せすぎてたしてた屑作はいくらでもある。
地デジやBDの普及で世の中の映像がだいたいHD化したから追いついたのもある。

40: ねいろ速報さん
>>39
ジャギー出てるアニメもあったし色んな意味でノウハウ不足だった
まあ、今はそういう事も殆ど無くなったけど

41: ねいろ速報さん
>>35
フィルムルックやセルルックの出力は、動画編集ソフトで、簡単にできるからな。

43: ねいろ速報さん
東映は思いっ切り手抜きするつもりでデジタル導入したんだろうしなw

44: ねいろ速報さん
まじで、デジタル制作化初期の東映は、いかにしてデジタルを駆使すれば手抜きできるかを実験してるようにしか見えなかったな。
金田一とか鬼太郎四期とか、完全デジタル制作でやり出したとたん酷い出来になったからな。
完全に実験台になってたわ。

45: ねいろ速報さん
リテイクしやすさのあまりリテイク出しまくる、そんなブラックにならない事を祈る

46: ねいろ速報さん
リテイクしやすいと言ってもリテイク作業にスタッフが従事すれば
その分本体の作業が遅れるのは今までと同じでしょ

49: ねいろ速報さん
マッドハウスなんて2001年までセル画とフィルムで作ってたからな

50: ねいろ速報さん
>>49
マッドハウスは、WOWOWノンスクランブル枠でやったCLAMPのエックスから完全デジタル制作化したんだよな。

54: ねいろ速報さん
オンラインで修正しやすいのでバグ入りでもまず配信するゲーム業界みたいな…



(´・ω・`)デジタルもいいけど作画崩壊はやめてや

C3kFVMlW8AA5y6P